二子橋と新二子橋を渡って多摩川越え

 246を通って多摩川を越える場合です。行きは自転車でも車道を走れる二子橋を通りました。帰りは、自転車は車道通行禁止の新二子橋の歩道を通って多摩川を越えてみました。両方とも国道246号となっていますが、二子橋の246は玉川通り新二子橋の246は厚木街道という区別があるようです。

 自転車通勤なら二子橋を行きも帰りも通る選択でしょうが、たまには新二子橋を気分転換で通ってもいいかもしれません。

 Google Mapではこの辺です。

 下図のように行きは二子橋、帰りは新二子橋を渡りました。

futako1

二子橋の玉川通り

futako2

 高島屋から二子玉川の駅までは片側2車線ですが、左車線は休日などは特に駐車場待ちの車で渋滞している事が多いのですが、今日は平日なのでそうでもなかったです。

futako3

  多摩堤通りとの交差点は、二子橋に行くのは左車線内の右寄りを走ります。今日はここが渋滞していました。

futako4

 歩道を進む自転車が多いですが、二子橋は歩道が片側しかないため、両方向の歩行者と自転車がたくさん通っているので、私は車道を進みます。

futako6

 二子橋を渡り終わると246を進むのは右折です。今回はまっすぐ進んで高津駅前を右折して府中街道を通って246本線へ戻っています。私は大抵そのルートを通るので。

 信号待ち部分はカットしてあります。

 新二子橋の歩道を進む

futako7

 246の上りで新二子橋に行く陸橋は自転車進入禁止なので側道へ進みます。

futako8

  新二子橋は両側に歩道がありますが、上り側の歩道に上がる階段は自転車用スロープがないので下り側の歩道を進みます。

futako9

 反対側の歩道へ上がる階段にはスロープがあります。

futako10

 歩道なので歩きたいところですが…この距離(推定600m)を自転車を押して歩ける人間に私はなりたい。(無理でした)

futako11

 歩道は歩行者優先自転車は徐行しましょう。理想は自転車から降りて通行しましょう。看板の言うとおりです。

 平日の午後5時頃の映像です。

 最後にひとこと

 多摩川の背景に再開発された二子玉川の建物が見えて、景色を楽しむなら新二子橋がオススメです。自転車を押してスロープを登らないといけませんが。

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です