道路交通法第38条の変遷から交通の実情と自転車の時代背景を考えてみる

showa-36

 車両と歩行者がともに通行し交差する際の、車両の譲歩優先義務が規定されている第38条について昭和35年の道路交通法施行時の条文からの変遷をまとめてみました。約45年ぶりに第38条が改正されるので道交法って全然変わってない …

道交法第38条で信号のない横断歩道を渡ろうとする自転車がいたら車両には停止義務があるとわかる話

oudan38jo-chari-sam

この記事は、【横断歩道等で歩行者等を絶対優先する派】の個人的見解です。道交法第1条の目的を遵守し、9割とまらないドライバーがいる現状を改善する考え方で、交通事故防止のために安全に運転しようとするいちドライバーの考え方です …

自転車横断帯のある交差点での車道走行を考える

 先日Youtubeに上げた動画が、めずらしくアクセス数がアップしています。ヒヤッとした場面の動画ですが、相手の車が高級車ジャガーということもあり、どこかで紹介されて拡散したようです。嬉しい限りで、コメントもたくさん頂き …

2車線左折レーンの直進方法がわからない

 片側2車線以上の道路を自転車で走っていて、左折車で左車線が詰まっている交差点を直進したい場合の走り方の考察です。基本は左側の車線内を走行して直進するという交通ルールですが、これが片側2車線左折レーンになっている大きな交 …

自転車の信号待ちの場所-青山一丁目交差点

 ロードバイクで大きな交差点の信号待ちをする場合、どの位置というか場所で信号待ちするべきか悩むことが多いです。この自転車の停止位置ですが、交差点の状況や形状によりいろいろな意見が別れるところだと思いますので、具体的に国道 …