seta8

246-瀬田交差点は右折車に注意

2015/05/30[公開]

 国道246と環状八号線が交差するのが瀬田交差点です。車の場合、246の本線はアンダーパスで直進するのですが、自転車はここのアンダーパスは進入禁止なのです。246を進みたい自転車は、側道に進み瀬田交差点を直進するしかありません。この交差点はほとんどの車が右左折しかしないため、直進する自転車はかなり危険です。

 Google Mapではこの辺です。

 下図のように246を直進します。

seta1

下り(二子玉川駅方面)

seta2

  246の本線であるアンダーパスは自転車進入禁止なので、側道を進んで瀬田交差点に向かいます。

seta3

  瀬田交差点です。2車線だったのが信号手前で4車線に分かれているので、渋滞時はカオス状態になりやすいです。自転車は先頭のポールポジションで待ちたい交差点です。

seta4

 信号青と同時に進めば、右折車が押し寄せる前に渡れるので安全です。右折車が押し寄せてから渡るのはとても危険な交差点です。いくら直進優先といっても、直進するのが自転車と原付バイクくらいしかいないこの交差点は命の危険が高すぎる場所なのです。

 平日の夕方5時くらいの映像です。

上り(用賀方面)

seta5

  246本線(厚木街道)と246側道(玉川通り)が合流する信号は、歩道を走る自転車につられて信号無視をしやすいのですが、きちんと信号を守りましょう。

seta6

  瀬田交差点です。246を直進する車線は真ん中です。早めに真ん中車線を目指して進まないと交通量が多くてたどり着けません。しかし上り側に限っては、左車線にしか行けなくても、その先に横断歩道があるので渡ることが可能なので、無理して真ん中に行かなくてもなんとかなります。

seta7

 やはり信号青と同時に先頭で直進します。右折車が来る前に渡ってしまいます。

 平日19時ごろの映像です。

 最後にひとこと

 瀬田交差点は、246直進が青信号になっているのが20秒くらいと短く、残りの4分間くらいは赤信号なので、ほぼ信号待ちからのスタートとなります。そのぶん、信号青のタイミングで渡るときに右直事故の危険性が高くなるので注意が必要です。

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です