Xtronsナビ用の純正オプション(ドラレコ・マイク・バックカメラ)を検討

2018/05/18[公開] 2018/05/26[最終更新]

 Andoroid搭載のカーナビTE103SIPを購入済みですが、取り付ける予定のスズキXBEEは6月中旬ごろの納車予定です。それまでにオプションの周辺機器のドライブレコーダー用カメラ、バックカメラ、追加マイクなどの購入を検討しています。

 Xtronsの日本サポートにメールして、日本倉庫に在庫しているオプションを教えていただきました。商品代金(税込み価格)+送料800円(東京の場合)で直接購入できます。もしくは一部商品はAmazonでも購入できます。

スポンサー リンク

配線図

 Xtronsのサポートに頂いた配線図を載せておきます。今回はXtronsサポートから頂いた画像を使わさせていただいています。(利用許可確認済み。)

 オプションをつなげる番号はこの図を元にした番号です。

TE103SIP-配線1
Xtronsの配線図

ドライブレコーダー

options1
DVR-015 価格は3000円

 DVR-015オプションカメラをUSB接続でナビにつなげるだけで、プレインストールされているDVRアプリで録画と再生ができるようになります。価格は税込みで3000円です。接続はUSBなので、19、20、21番のどれかのUSBポートに接続します。

 DVRアプリでは、録画の保存先を内蔵ストレージか外付SDカードか選ぶのと、1ファイルの録画秒数を選ぶ設定しかなく、ドライブレコーダーとしては単純な録画と再生機能しかありません。画質はHD(1280×720)なので普通でしょうか。

 フルHD画質を求めて別カメラを用意するにしても、USB接続のカメラなら何でも映るわけではないようです。Androidナビでの動作実績があるものから探す必要があるでしょう。家にあったXP時代の古いPC用WEBカメラをつないでも映りませんでした。

 また、ドライブレコーダーアプリのDVRアプリに関しては、USBではないカメラの外部入力端子からの映像は利用できません。外部入力映像を映すアプリは別途ありますが、録画はできないです。私はすでに別途ドラレコ専用機(コムテック ZDR-015)を購入していますが、外部出力でナビとつなげる予定はなくなり、ドライブレコーダーは専用機で、ナビとは別々に稼働させることにしました。

(追記)詳しくは別記事にしました。

追加マイク

options2
追加のマイク 価格は800円

 マイク感度を上げるための追加マイクのオプションがあります。型番MIC001の価格が800円です。接続は22番のマイク入力につなげます。

 ナビTE103SIPには最初からマイクが内臓されています。いわゆる「OK Google」で対応アプリを音声操作が可能です。内臓マイクの位置が液晶裏のDVDドライブスロット上部左側にあり、海外製ならではの左ハンドル車を前提にしたマイク位置になっています。右ハンドルの日本車の場合は、運転席よりも助手席側からの声の方が微妙に反応がよかったりしそうです。

 これは実際に車載して稼働させてみて、音声操作の向上の必要性があれば後から購入する予定としました。そもそも音声で操作するのかということから不明です。

 マイクに関しては、3.5mmジャックのものならPC用でもオーディオ用でも何でもつなげられるので、特にXtrons純正オプションである必要性もなさそうです。実際にXP時代に使っていた古いSkype用マイクで録音アプリを使ってみたら、録音した音声のクリアさがだいぶ違いました。

バックカメラ

 バックカメラは、赤外線タイプのCAM005(2800円)とLED4個付きタイプCAM009Y(3000円)の2機種のXtrons純正品があります。

これはAmazonでも売っていました。

 接続は6と8番、24と28番のどちらかの組み合わせでつなぎます。バック信号が入ったときに画面が自動で切り替わるのかどうかは、まだテストしていないので未確認ですが、自動で切り替わるようです。

 CAM009Yを購入してみたのですが、Xtrons純正でなくてもAmazonで売っているバックカメラで黄色ピンのタイプなら何でもよさそうです。ちょっと買い急いでしまったかもしれません。詳しくは別記事にしました。

Wifi-USBドングル

options3

 車中でどうやってインターネットにつなぐかという問題がありますが、MVNOのSIMカードをセットして使うUSBドングルのオプション(4GDONG0013GDONG008)があります。

 USBをつなげば即インターネットを利用できるわけではなく、SIMカードを別途用意しないといけないし、USBは電源を取るだけでドングルから出ている電波をナビ側でWiFi接続してはじめてインターネットを利用できます。

 これならスマートフォンのテザリングのほうが手っ取り早いですし、PCやスマートフォン用のモバイルルーターがあればそれで同じことが可能です。ですので、私は購入予定は無いので価格も確認していません。

OBD2

options4

 自動車の自己診断機能をナビに表示するOBD02 オプションがあるようです。

 21年落ちの車から買い替えなので、こんな機能必要なのかどうかもわからないため、価格未確認です。

取り寄せも可能

 以上はXtronの日本倉庫に在庫しているので届くのも早そうです。これ以外のオプション品も取り寄せ可能なようです。Aliexpressなどで海外から直接購入するよりも、初期不良時の対応が安心かと思います。

スポンサー リンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です