ホーチミン早朝のタンソンニャット国際空港でSIMカードを買う

2017/03/08[公開]

 ベトナム・ホーチミンの タンソンニャット国際空港でSIMフリー端末用のトラベラーSIMカードを購入しました。到着便が早朝5:50着でしたが、7時頃になるとトラベラーSIMが買えるお店が開きだしました。購入したのはViettelのSIMカードでした。2017年2月の情報です。

スポンサー リンク

到着ゲートにSIM販売店

 タンソンニャット国際空港の到着口を出て左側の方にSIMカードを販売しているブースがいくつかあります。いわゆるテレコム ショップが2店舗(mobifoneViettel)と、レンタカーや両替のカウンターでSIMも販売しているお店が数店舗ありました。

 しかし、am5:50に到着して荷物を受け取って到着口を出たam6:30くらいの時間では、ほとんどのお店のシャッターが閉まっているかブースに人がいないかでした。2年前の夜便で来た時に購入したmobifoneのブースも閉まっていました。

 どうしようかとウロウロしていたら、もうひとつのテレコム ショップに店員さんが現れて、あと15分で受付しますよと教えてもらったので、それまで待ってから購入しました。

viettel-sim2
3G SIMの看板を出しているブースは多い
viettel-sim3
前回購入したmobifoneはまだ開いていなかった
viettel-sim4
こちらのテレコムショップで購入しました

Viettel のSIMカードを購入

 こちらのショップで売っていたのは、Viettelのトラベラー用SIMカードでした。パッケージの種類は3種類でした。本日は3.5GBのパッケージは無いとのことでしたが。

  • 3.5GB高速通信、低速は無制限、インターネットオンリー・・・170,000VND
  • 7GB高速通信、低速は無制限、インターネットオンリー・・・250,000VND
  • 600MB高速通信、低速は無制限、20分のローカル通話or 8分の国際通話・・・250,000VND
viettel-sim5
3種類のパッケージのリスト

7GBを3枚購入

 奥さん用のNexus7、自分用のモバイルルーター、夫婦共用のiPadでSIMフリー端末を3つ持ってきてたので、3枚購入です。今回の6泊旅行で、7GBを3枚も必要ないとは思いましたが、まあ一枚約1,250円ですから多いに越したことはないでしょう。(結局、ホテルのWifiがネット障害中で使えなかったので、多めに購入して正解でした。)

 パスポートを見せると、店員さんがSIMカードのパッケージを開けて、デスクのパソコンと携帯電話を使いアクティベーションをしてくれます。それを、持ってきた自分の端末に挿して動作確認します。

 端末側ではSIMカードの入れ替えだけで、アンテナが立つのを確認するだけなので、日本語設定のまま店員さんに渡してもやってくれますが、3台の端末となると自分で入れ替えたほうが早いです。

viettel-sim6
3台で3枚の購入

カードサイズは3種類対応

 SIMカードには、最初からMicro SIMとNano SIMサイズの切り込みが入っているのでiPhone,iPadでもSIMカットなしで対応しています。

viettel-sim7
通常SIM、Micro SIM、Nano SIMサイズにカット済み

APN設定不要

 今回のSIMカードは、APN設定が必要ありませんでした。私の古いモバイルルーターNI-760Sは、日本で利用している会社のAPN設定のままでつながりました。

 iPadとNexus7は、APN自動判別が働くのでViettelのAPNに勝手に変わっていました。といってもユーザー名、パスワード空欄のAPN設定でした。

3G通信良好

 以上で、ネットにつながるのを確認できたら支払いをして購入完了でした。ホーチミン市内とフーコック島に行きましたが、どこでも良好に3Gでつながりました。上の写真を見るとカードには4Gと書いてありますが、基本3Gでつながります。もしかしたら一部エリアで4Gに対応しているのかもしれませんが、よくわかりません。

スポンサー リンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です