pubsubhubbubエラー対策でパブリサイズ共有不具合も直った話

2016/12/17[公開]

 ここのデフよんブログの話です。前回記事の投稿から、Jetpackプラグインのパブリサイズ共有の機能が復活しました。FacebookとTwitter共有は今年の8/14の記事から、Google+に関しては去年の8/7の記事を最後に、パブリサイズ共有ができなくなっていたのです。どのSNSもパブリサイズ共有のためにアカウントを作ったようなもので、私はめったにログインしないので気づいたのは最近のことです。

 パブリサイズ共有設定をやり直しても改善しませんでした。自分が運用しているもう一つのwordpressブログの方は問題なく共有できているので、なんとかしなくてはと思いつつも放置したままだったのです。それが、まったく関係がなさそうなpubsubhubbubプラグインによる不具合を直したら、パブリサイズ共有が復活していたのです。

スポンサー リンク

pubsubhubbubプラグイン

 pubsubhubbubプラグインといえば、Wordpress入門の必須プラグイン〇個とかいう記事で必ず登場する定番プラグインです。私もWordpressを始めたときに、そういうのを読んで何も考えずに、類似プラグインのPuSHPressを使っていました。そのあと2015年11月に、このデフよんブログをリニューアルしたときにPuSHPressよりも本流プラグインらしいpubsubhubbubプラグインにしたのです。

 仕組みをわかっていない素人意見ですが、このpubsubhubbubプラグインも、PuSHPressプラグインも最終更新日は一年以上前です。現行のWP4.7で動作確認テストもされていない、類似のプラグインはこの2つしかないのに新たなプラグインも出ていないこの状況は、もう仕組みが古いのかと疑ってしまいます。Googleの誰だかが推奨したというのも2011年の話です。

 かといって、その効果を調べる手段もないし、プラグインはインストールするだけの簡単設定のため、とりあえず私は入れています。事なかれ主義というわけです。

記事公開時に真っ白になる

 ただpubsubhubbubプラグインを入れた、このデフよんサイトだけは新規記事を投稿しようと「公開」ボタンを押すと、管理画面が真っ白になるというトラブルがあったのです。真っ白画面にはなるけれど、投稿した記事はちゃんと公開状態になっていたので一年以上ずっと放置していたのです。pubsubhubbubプラグインが原因とも知りませんでしたので。

 最近になって、wp-config.phoで define('WP_DEBUG', true); にしてデバックモードを有効にしていたら、公開時の管理画面真っ白時に出ていたエラーがpubsubhubbubプラグインからだったと判明したのです。エラーメッセージがこちら。

Fatal error: Call to undefined function curl_init() in /var/****/wp-content/plugins/pubsubhubbub/publisher.php on line 81 

 エラー内容で検索すると、どうやら家の自宅DebianサーバーのPHPにphp5-curlが入っていないのが原因だったようです。早速php5-curlをインストールしてapacheを再起動させたら、管理画面が真っ白になるのが直りました。

パブリサイズ共有も直った

 記事公開時の動作が正常になった前回記事より、パブリサイズ共有が復活していました。パブリサイズ共有とphp5-curlには何の関連性はありませんが、php5-curlをインストール→pubsubhubbubプラグインが正常動作→記事公開時の動作正常化→パブリサイズ共有も正常化という、棚ぼた式で2つも不具合が改善してよかったという話でした。パブリサイズ共有テストは、実際に記事を投稿しないと動作テストできないので面倒です。この記事も実はテストを兼ねています。

スポンサー リンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です