前照灯を GENTOS(ジェントス) 閃 355に買い換え

 我がデフよんのヘッドライト(前照灯)を買い換えました。都内の街灯ありの街中走行メインなので、いままで前照灯は点いていれば何でもいいやとスポーツサイクルに乗り出した2年前に買ったPanasonic NL-822Pを使い続けていました。Amazon | パナソニック NL-822P LEDライト ホワイト | ヘッドライト | スポーツ&アウトドア

 250カンデラという明るさは、「JIS SC9502自転車用灯火装置」の基準値400カンデラ以下ですが、いままで明るさは十分と感じていました。夜間に多摩川サイクリングロードなど街灯が無い道はまったく前が見えませんでしたが、それ以外は街灯で明るい都内走行ではヘッドライトは自分の存在を周りに知らせるためのモノという感じで、このライトで不足なしと思っていました。  

落として壊れた

 ライト購入後はこまめに夜間走行時だけ装着して、駐輪時は取り外していたのですが、一年以上経って傷だらけになり盗られることもないだろうと常時装着状態でいました。それで先日走行中ポロッと落ちて車にペシャンコに踏まれました。これで買い替えるしかなくなりました。  

GENTOS(ジェントス) 閃(セン)を購入

 せっかく購入するなら、もっと明るいのを購入しようとamazonで調べたり、ショップで現物を見たりして選びました。amazonの商品レビューを色々見ていると、よく比較元のライトとしてジェントス閃の名前をよく目にしたので、これがド定番のようです。商品デザインを見て男子が好みそうなゴツさも気に入り決定です。 閃シリーズで何種類かある内、自転車用ホルダーがセットになっている閃 355にしました。ジェントス 懐中電灯 閃 355 【明るさ100ルーメン/実用点灯10時間】 SG-355B

gentos1  商品パッケージです。閃はSENN「セン」と読むようです。  

gentos2  取り付けてみました。目論見通り黒色がハンドルバーに馴染んでいます。  

実際に比較してみました

gentos3

 前のライトは破壊されてしまいましたが、ウチの奥さんも同じのを使っているのでそれを借りて比較してみました。    

旧ライトの250カンデラ
旧ライトの250カンデラ
閃355の100ルーメン
閃355の100ルーメン

 250カンデラと100ルーメンとスペックの単位が違うので数値的な比較はできませんが、あきらかに明るいですね。

 比較動画を作りましたが、動画だと違いがわかりずらかったです。全く同じところを走った比較ですが、よくわからないですね。実際に乗っているとあきらかに違いがわかるくらい明るくなりました。周囲への存在を知らしめる効果もあがり、安全性が増してよかったです。

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です