ELECOMのアクションカメラACAM-F01SBKをヘルメットに付けてみた

2017/01/09[公開] 2017/04/05[最終更新]

 水中で撮れる安価なカメラを探していて、エレコムのアクションカメラACAM-F01SBKを買ってみました。水中で使うのは来月の話なので、とりあえず自転車に乗るときにヘルメットに取り付けて使ってみました。今、ロードバイクに乗るときに使っているレコーダーHX-A100(過去記事)と比べると使い勝手が悪いですが、撮れる画質はフルHD対応ですし、1万円以下で買えて防水ケースやマウンターまで付属しているのが良いです。

スポンサー リンク

エレコムACAM-F01SBK

 国内メーカー製なので、製品詳細は下記のELECOMホームページの商品情報に詳しく出ているので、ソチラをご覧ください。

アクションカメラ(Full HD) – ACAM-F01SBK

 カメラ本体、防水ケース、ヘルメット用ハンドマウントとハンドル用ハンドルマウントがセットになっているのが型番ACAM-F01SBK、防水ケースとハンドルマウントが無いタイプが型番ACAM-F01TBKとなっており、数百円の値段の違いで防水ケースが付いているACAM-F01SBKのほうを買いました。

ACAM-F01SBKのほうが防水ケース付きでお得 (画像は上記ELECOM商品ページより引用)

ヘルメットに装着

 自転車用ヘルメットに取り付けることができる、ハンドマウントというアクセサリーで、穴のたくさん開いているヘルメットに装着できました。オレンジ色のゴムを外して、上部のマウントパーツを取り外す方法が最初わかりづらかったです。

 バンドをヘルメットに巻き付けて、マウントパーツをカチッとはめて、防水ケースをネジ止め、ケース内にカメラをセット、カメラをセットすると重さでグラグラになったので、付属の粘着テープ付の滑り止めパッドを挟んでみました。テストなので、粘着テープははがさない状態にしているので、多少ぐらつくのが気になりますが、これで録画テストしてみました。

付属品のハンドマウント (画像はELECOM公式より引用)
バンド部分と、マウントパーツを外す
まずは、バンドを締めて固定
マウントパーツをカチッとはめて
防水ケースをネジ止め
カメラをケースにセットして完成。下に滑り止めパッドを挟みました

自転車走行中に録画してみた映像

 解像度を1280×720ピクセル(最大フレームレート50fps)のHD動画で走行中のテスト映像です。バッテリーフル充電から85分間録画できました。動画ファイルは4GB毎に分割保存されて、85分間でデータサイズ合計10GBちょうどでした。

 ELECOMサイトからダウンロードできる編集アプリ「エレコムカメラアシスタント」で、映像をカットして、タイトルと字幕を付けてYoutubeにアップした映像です。

感想

 普段使いのPanasonicウェアラブルカメラHX-A100をヘルメットに装着しているので、今回もヘルメットに付けてみましたが、スマホで映像を確認できないので、取り付けた後は映像チェックができないのが困ります。ぶれ補正や水平補正機能もないので、失敗したら困る映像を撮りたい場合には、液晶を見ながらチェックできるハンドルに取り付けたほうが良いですね。

 1月の真冬だったので、30分くらい走ったら頭からの汗の蒸気で防水ケースが曇ったのは想定外でした。映像は視野角が広くて、Youtubeに上げるには十分良いです。

車載もしてみた

 車のドライブレコーダー代わりにも使えそうです。シガーソケットからスマートフォンと同じmicro USBケーブルで充電しながら録画できたので、バッテリーの持ち時間を気にすることなく録画できました。(充電しながらの録画は、バッテリーの寿命低下の可能性があります。)

 解像度を1920×1080ピクセル(最大フレームレート25fps)のフルHD動画で、56分録画して約8GBのデータサイズでした。

充電しながらの録画ができた。

<広告>Amazonで購入できます。

簡易アクションカメラとして使えます

 高価なアクションカメラとの違いは、ぶれ補正なし、スマホ連携なし、マイク性能(音声)の差、4Kなし、画質調整などの細かい調整機能なし、といったところでしょうか。それでも7千円でアクセサリーセットも含めて購入できるので、万が一の事故に備えたレコーダーや、走行中に面白い映像が撮れたらYoutubeに上げる用途には適しているかもしれません。

(2017/03/20追記)アクセサリーキットをAmazonで購入しました。Amazonでアクションカメラ用のアクセサリーセットを買う

スポンサー リンク

こちらの記事もどうぞ

“ELECOMのアクションカメラACAM-F01SBKをヘルメットに付けてみた” への2件の返信

  1. アクションカメラ ACAM―F01SKB を入手しました。
    説明書を見る前に、先ずはスイッチオン。
    ふむふむ…。なかなかよろしいんじゃない!
    あれこれあれこれとテスト。 手のひらに納まるサイズでこのスペック。
    時代も進んだもんだがね。 Hi
    日頃は重いTamronⅮiⅡ18~270のレンズをつけたデジイチを使ってますが、ACTIMOを手にしたらデジイチは持てません。 私の撮りたい被写体は生活感のあるスナップ写真。絶対スナップとは言わないが、10年後にそれを見た時何かを感じる一枚を撮りたい。 後期高齢の仲間入りをし、来年は免許歴60年だがまだまだ運転はできる。 アクションカメラを持って山道杣道峠道を攻めるゾ!
    残念なお知らせが一つ。 防水ケースのバックル側のヒンジに欠損がありました。  孫からのプレゼントでしたから、頭を使って愛用します。
                 アクティブ爺

    1. 吉田さん、コメントありがとうございます。
      お孫さんからのプレゼントいいですね。大切に使ってください。
      一眼と2刀流で行くのが良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です