Crayon Syntax Highlighter のコードが表示されないトラブル(未解決)

2018/08/22[公開] 2018/11/04[最終更新]

 ここ数日、プラグイン Crayon Syntax Highlighterでハイライトさせているコードの部分の表示がおかしくなっていました。コメントで教えて頂くまで、まったく表示がされてなかった事に気付いてなかったので、いつからトラブルが発生していたのかも不明です。

 まったく表示されないよりはましなので、しばらくプラグインを停止させてハイライトされてなくても内容が見れるようにしていましたが、先日ようやく復旧しました。

 原因がわからず、いろいろ試してようやく復旧した方法は、サーバーを再起動させるだけであっさり直りました。

スポンサー リンク

ハイライトの表示が異常

 WordPressや自宅サーバーのカテゴリーの記事でよく使う、htmlやcssなどのコードを表示させるためにCrayon Syntax Highlighterプラグインを利用しています。

 そのハイライトさせていた部分が、下図のように [crayon]  のような一行の表示になってしまい、記事の内容がまったく理解不能の状態になっていました。

crayon-tro1
表示がおかしくなった。

 これでは肝心の部分が意味不明なモノになっているので、せっかく検索などで辿り着いてくれた方に申し訳ないことをしていた状態でした。

 記事を書いている本人からすれば、ぱっと見この状態になっていても見逃してしまっていたのかもしれません。ここにコードがハイライトされているモノとして脳内で認識しているので、このページを開いてもおかしいと感じていなかったかもしれません。最近はハイライトさせる必要があるカテゴリーの記事を書いていなかったのでなおさらです。

 コメントで教えて頂き、本当に助かりました。

原因不明

 なぜこんな状態になっていたのか原因不明です。検索しても同じようなトラブルは見つけられませんでした。

 とりあえずCrayon Syntax Highlighterプラグインを停止すれば、pre タグで囲まれているので肝心の内容だけは表示されます。

 プラグインの再インストールをしても改善せず。プラグインの設定にリセットボタンがあるのでリセットしても改善せず。

 他のテーマに変えても、競合しそうなキャッシュ系プラグインやJetpackなどを停止しても改善せず。

 もうひとつバーチャルホストで運用しているもう一つのWordpressサイトでは、ちゃんとハイライトされたままです。テーマもプラグインもほぼ同じ構成です。

 データベースとWordPressのフォルダーごと、Local by Flywheel のローカル環境に持ってきて検証しようとしたら、なぜかちゃんとハイライトされて検証できないしでお手上げでした。

サーバー再起動で直った

 数日に渡りいろいろやっても改善しないので、Crayon Syntax Highlighterプラグインは2年くらい更新されていないし、他の類似プラグインやプラグインを使わない方法に変えようかとも考えました。しかし、タイトルや設定をいろいろ変えてハイライトを出しているので、乗り換えるにも一括変換ができないのでかなり面倒なことになりそうで二の足を踏んでしまいます。

 困ったなと思いつつも、なんか他にやる事ないかなと、そういえば最近Debianサーバーのアップデートをしてないなと思い出し、

apt update
apt upgrade

  久しぶりだったから溜まってるなとアップデートを済ませて、普段ならそれで終わりですが、ふと、たまには再起動してみるかと深夜だったので

reboot

 で一年ぶりぐらいにサーバーを再起動してみたら、あっさりとハイライト表示が改善しました。

 自宅サーバーなので手軽に再起動を試せるのでよかったです。深夜アクセスが少なそうな時間に限りますが。

2018.10.01追記:その後、気付いたらまた再発していました。今回はサーバー再起動でも改善していません。とりあえずまたプラグインを無効にしています。改善したら追記予定です。

スポンサー リンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です