shortcodeultimate

【簡単に】プラグインを使って固定ページにカテゴリー別に投稿一覧を抜粋表示させる

2014/10/30[公開]

前回、WordPressの公式テーマtwenty fourteenのトップページの投稿一覧を抜粋表示にさせる方法を実施しましたが、今度はメインメニューを作る際に固定ページにカテゴリー別に投稿一覧を表示する方法はないものかと実践した内容です。

できるだけ難しいのはパスして、プラグイン利用、なるべく簡単で、後々のメンテナンス不要な方法優先です。

プラグイン「Shortcodes Ultimate」を利用する。

ショートコードを簡単に利用できる「Shortcodes Ultimate」は定番プラグインなので、すでに入れている人も多いとおもいますが、入れていない方は管理画面からプラグイン検索でインストールして有効化しましょう。

今回は、管理画面の「固定ページ」-「新規追加」で新しい固定ページを作成してテストしていきます。

shortc1

プラグインが有効になっていれば、「ショートコードを挿入」ボタンが出ているのでクリックします。

shortc2

たくさんあるリストの中から「投稿」を選びます。

「投稿」がふたつありますが、画面左側のほうを選びます。

shortc3

設定する項目がたくさんある画面が開きますが、ほとんどデフォルトでいきます。

shortc8

ページあたりに表示させる投稿数を「-1」にします。

マイナス1は該当する投稿を全部表示です。

shortc4

条件で表示させるカテゴリーを選択します。

shortc5

あとはデフォルトのままで「ショートコードを挿入」します。

shortc6

ショートコードが作成されます。

プレビューで確認してみます。

shortc7

アイキャッチ画像とタイトル、記事本文が抜粋表示されています。

とりあえず目的通りでしょうか?

投稿の抜粋の最後を[…]から、「続きを読む」に変更する

私は前回設定済みですが、はじめての方用に再度載せます。

抜粋記事の最後が[…]の表示です。クリックもできません。

これを「続きを読む」に変更して、クリックしたら記事ページが開くように変更します。

functions.phpに追記するだけなので、子テーマのfunctions.phpに下記記述を追記します。

これで、だいぶいい感じでしょうか。

 shortc10

最後に

ショートコードを入れるときに、Shortcodes Ultimateのテンプレートが4種類用意されています。

shortc9

アイキャッチとタイトルだけの一覧表示のテンプレートを選んでも良いかもしれませんね。

pluginフォルダのテンプレートをコピーしてオリジナルテンプレートを指定することもできるので、凝りたい方は見栄えのいいのを作れそうですね。

投稿数が多い場合などページ区切りなどはできませんが、簡単にここまで出来れば十分です。

こちらの記事もどうぞ

「【簡単に】プラグインを使って固定ページにカテゴリー別に投稿一覧を抜粋表示させる」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です