Batch-Moveプラグインで更新日を変えずにカテゴリーを変更する

2018/01/08[公開]

 ここのブログのカテゴリーを少し整理整頓してみました。過去に記事を投稿したときは必要だと思って作ったカテゴリーも、時間が経ったあとから考えるとカテゴリーにその記事ひとつだけの寂しい状態になってしまったり、数が多くなりすぎて分類を増やしたくなったカテゴリーが出てきたりしました。

 WordPress標準機能では、投稿一覧から一括編集でカテゴリーを追加することはできますが、カテゴリーをいろいろ配置変えするのは大変になります。それにカテゴリーを変更するだけなのに更新日が変わってしまうのは嫌だったのです。

 検索するとBatch Cat プラグインが有名なようですが、最終更新が7年前です。使ってみると現行WordPressでも問題なく使えましたが、他にないかなと探しました。ほぼ同じ機能で、現行WP4.9.1での互換性の確認はまだ無いですが、2週間前に更新されているBatch-Moveプラグインのご紹介です。

スポンサー リンク

Batch-Move Posts wp plugin

 WordPressの公式プラグインディレクトリーからインストールできます。WordPress管理画面のプラグイン新規追加 から「Batch-Move Posts wp plugin」で検索してインストールして有効化します。

WordPress.orgのプラグインページはコチラです。

カテゴリーの変更方法

 プラグインを有効化すると、ダッシュボード左側に投稿Move categories の項目が増えているので開きます。

  上段のFilter data欄で、カテゴリー、キーワード、タグ、投稿日時で投稿リストを絞り込みできます。

 中段の投稿リストから、作業対象の投稿に チェックを入れます。

 下段のCatogory:欄で、プルダウンメニューから編集するカテゴリーと動作(Add、Update、Delete)を選んだら、Sendボタンを押して変更となります。

 動作(Aktion)は次の3つから選べます。

  • Add…カテゴリーを追加する
  • Update…カテゴリーを入れ替える(置換)
  • Delete…カテゴリーを削除する
batch-move3
カテゴリーやタグや日時で絞り込めます
batch-move4
対象の投稿にチェックを入れて、カテゴリーと動作を選んでSendボタンで変更されます

パーマリンク設定に注意

 パーマリンクの設定で、カスタム構造にしてカテゴリーを含む表示にしている場合は、このプラグインは使わない方が良いでしょう。更新ボタンを押さずに投稿記事のアドレスが変わることになるので、検索などのページ評価が変わらないようにリダイレクト設定を自分ですべて設定しなくてはいけなくなるからです。

 とは言っても、パーマリンクにカテゴリーを含めるケースは少ないと思います。当サイトでもパーマリンクは投稿名だけなので、弊害はほぼ無いはずなので、このプラグインで効率よく変更作業ができました。

より効率よくできました

 以上で、さくさくと更新日を変えずにカテゴリー変更ができました。Batch Catではカテゴリー選択の チェックが、次の作業に移っても残っていて外すのが手間でしたが、Batch-Moveではそれがないので作業が捗りました。こちらの方がオススメです。

スポンサー リンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です