heiyou4

車道を走るなら尾灯常時点灯のススメ

2015/06/03[公開] 2016/07/24[最終更新]

 私はロードバイクで走るとき、テールランプ(尾灯)を常時点灯しています。 夜はもちろん、朝、昼、夕方でも常に点灯して走っています。道交法では、夜間およびトンネルなど暗いところを走るには尾灯点灯もしくは反射器材のどちらかが必要らしいのですが、その両方を付けていれば確実です。

販売終了したTL-LD1100

 一年ちょっと前、デフよんことGiant Defy4を買った時に常時点灯するべく一番明るいテールランプということで購入したのがCATEYE( キャットアイ) TL-LD1100です。その時もすでに在庫のみ商品だったのですが、wiggleで在庫限りのを見つけて購入しました。現在は残念ながら販売終了してしまったようです。【楽天市場】CATEYE キャットアイ TL-LD1100 リア用ライト:豊かな生活を提案する店スタイリアCateye TL-LD1100 LED Bicycle Tail and Safety ライト (Red)

 ググっても販売終了商品しか探せません。おそらくもうどこにも売っていないと思われます。

単三電池なのでeneloopが使える

 常時点灯させるときに、小さいボタンタイプの電池を使うテールランプだと電池の減りが気になって、昼間は点灯しなくてもいいかと思ってしまうでしょう。

 しかし、eneloopなどの充電池を使える単三、単四電池タイプのテールランプだと電池の減りを気にせず点灯させたまま走ることができます。

eneloopの単三2本使います。
eneloopの単三2本使います。

車道を走るならこのくらい明るくないと

 とにかく明るいです。他の自転車用テールランプ商品とは比べものにならない明るさです。しかし、バイクや車のテールランプと比較すれば、まだまだ全然物足りないのです。

DSC_0367

 昼間の曇り天気のときの明るさチェック動画です。

 夜間の明るさチェック動画です。

同等商品を買うなら

  なかなか大満足な商品ですが、販売終了ということは今のが壊れたらどうするかを考えておかないといけません。今と同じかそれ以上にするためには、この商品を上下並べて2個付けを考えています。セーフティライト [TL-LD650] RAPID5 リア用 ブラック

反射板(リフレクター)も併用

 国内で販売されている自転車(スポーツバイクも含む)なら、反射板(リフレクター)は購入時付いているはずです。尾灯としてテールランプ商品を購入したらリフレクターを外してしまうケースがスポーツバイクでは多いようですが、私はリフレクターも併用するのをオススメします。

heiyou1

後続車にはリフレクターも有効

 車に乗っていると、自転車のリフレクターはかなり目立ちます。意外と発光の弱いボタン電池タイプのテールランプよりも目立ったりします。

 比較動画です。尾灯だけのロードバイクを抜かしたあと、リフレクターだけのママチャリを抜かしています。あまりわかりずらい動画でしたが、リフレクターの反射もあなどれないくらい目立つのです。

とくにペダルのリフレクターは有効

 意外と目立つのがペダルに付いているリフレクターです。くるくる回るペダルに反射するリフレクターは、車の運転手からするとすごく目立ちます。

Giantのペダルのは外れやすい

 Giantの購入時に付いてくるフラットペダルのリフレクターはしばらくすると取れてなくなってしまう事が多いです。私も半年以内に全部外れてしまいました。

購入時付いていたペダルのリフレクター
購入時付いていたペダルのリフレクター
全部外れてなくなってしまいました。
全部外れてなくなってしまいました。

 これは、なんとかしなくてはいけないですね。対策を考えます。

最後にひとこと

 テールランプのTL-LD1100が盗まれるとショックが大きいと思うので、駐輪時は毎回外してカバンにしまって持ち歩いています。それくらい気に入って使っています。

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です