プラグインEasy Custom Auto ExcerptでWordPressトップページを抜粋表示に

2017/07/29[公開]

 Wordpressのデフォルトテーマのように、トップページやアーカイブページなどの記事一覧ページが全文表示になっているテーマで、記事本文を抜粋表示に簡単に変更できるプラグイン「Easy Custom Auto Excerpt 」のご紹介です。

 ここのブログのトップページは子テーマにてindex.phpを抜粋(Excerpt)するカスタマイズをしておりますが、phpファイルを直接編集することに抵抗があったり、その権限が無い場合でもこのプラグインを利用すれば簡単です。

スポンサー リンク

プラグインインストール

 管理画面のプラグイン新規追加から「Easy Custom Auto Excerpt 」で検索すると出てくるのでインストールして有効化します。

 その他のインストール方法やプラグイン詳細は WordPress.orgのプラグイン公式ページをご覧ください。Easy Custom Auto Excerpt

設定画面

 このプラグインを有効化するだけで、デフォルトではトップページとアーカイブページの記事一覧がタイトル、アイキャッチ、本文500文字で [Read More]のリンク で次の記事へと続くようになります。

 ここから設定を変更するにはダッシュボードの左側にExcerptメニューが追加されているので開きます。設定画面は3つのタブで構成されています。

 無料で利用できる設定は限られていますが、抜粋表示にするという目的には無料機能だけで十分です。以下、ざっくり私が利用してみた項目だけご紹介します。

General Optionsタブ

 抜粋の設定画面です。一番上のExcerpt method項目でどこまで抜粋するか選択できます。Show First Paragraph で最初の <p> タグで囲まれた段落まで抜粋になります。Charactorを選んだ場合は、その下のExcerpt sizeで指定した文字数での抜粋になります。

ECAE2-1
「Show First Paragraph」で最初の段落だけ抜粋する

その下のContent image項目で、本文中の画像を抜粋表示に入れるか設定できます。No を選んでもアイキャッチ画像は表示されるので、普通はNoを選ぶでしょうか。

ECAE3
Content imageは「No」を選択でアイキャッチ画像のみ表示になります。

Excerpt Locationタブ

 真ん中のタブは、どのページで抜粋表示にするか選べます。

 例えばデフォルトテーマTwentySeventeenではSerchページは最初から抜粋表示なのでNoでも良いですが、このあと設定する「Read More」ボタンの装飾だけでも有効になるので、すべてYesのままで良いでしょう。

ECAE4-1
このタブは初期値のまま

Read More Buttonタブ

 右側のタブは、「Read More」リンクボタンの設定ができます。

 Read more text項目で、Read Moreの文字を続きを読む などの日本語に変更できます。その下のText before linkでボタンの前にも文字を設定できます。

 Read more align項目でRead Moreボタンを左、中央、右寄せに設定できます。

ECAE4-1
「Read More」を「続きを読む」などの日本語に変更できます。

 Button Skin項目で、Read Moreボタンの背景を選べます。無料で選べるのは黒かグレーです。その他カラーはPremium登録が必要です。

ECAE6
ボタンの背景(黒かグレー)が選べます。

設定が終わったら、右側のSave Options ボタンを押して保存したら設定完了です。

ECAE7
TwentySeventeenで設定したら、こうなりました。

注意点

 上の画像は、TwentySeventeenの親テーマを有効にした状態でのものです。ここの実サイトでは、子テーマにcontent.phpをコピーしてGoogle翻訳バーGoogle関連コンテンツユニットのコードを挿入しています。このプラグインでは、content.phpに追加したものも抜粋に繰り返し表示してしまい、都合が悪い状態になってしまいました。

 といっても、そんなカスタマイズをしている方向けのプラグインではないので、初心者の方にはお勧めしても問題ないでしょう。

スポンサー リンク

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です