Giant ESCAPE RX3の思い出と交通事故

 私が初めて買ったスポーツタイプの自転車がGiant ESCAPE RX3の2013年モデルです。とっても気に入って乗っていましたが、残念なことに交通事故で廃車となってしまいました。

ESCAPE RX3 2013年モデル

 2013年4月にウチの奥さんが突然自転車を買うと言い出しました。自転車通勤を始めたいとのこと。ついでに私も一緒に買うことになりました。たまに近所に出かけるときに一緒に乗っていければと、最初はそのくらいの動機でした。

 近所にGiantストアがあるので、そこに見に行ったときに初めて自転車にサイズがあることを知ったくらいです。私は身長が高いので選択肢は限られます。その中でもひと目で気にいったのがESCAPE RX3です。

  乗り始めたらハマりました。長時間乗れるようにハンドルバーを付けたり、仕事場にも乗っていくようになりました。

rx3rem

 いろいろRX3に乗って出かけました。フェリーに乗って浅草に行ったり、羽田空港、車に載せて佐野ラーメン食べ歩き旅など、楽しい思い出です。

追突事故

 2014年1月後半の天気の良い午後。環七内回りをいつものように気分よく走っていたときです。世田谷区の野沢龍雲寺交差点を超え、その先の野沢交差点が見えてきたあたり、この辺は片側3車線の一番左の走行車も路駐車も少なく自転車がとても走りやすい左車線を走っていた瞬間です。

 突然、後ろに引っ張られて、道路に叩き付けられた衝撃。何が起こったがワケも分からず振り向くと

DSC_0077

 ああ、俺のRXが下敷きに、、、ここで追突されたと理解できました。

 車を運転手していたおじいさんが慌てて警察と救急車を呼んでくれましたが、手が震えて携帯のボタンをなかなか押せなかったのを覚えています。

救急車が来るまでに写真を撮りまくる

 全身が痛いですが、手、足すべてが動きます。警察と救急車が来るまでに自分のスマホで出来る限りの状況写真を撮りまくりました。

rx_crush

 先に救急車が到着して、現場を見た救急隊員が色めき立って被害者を探しますがピンピンしている私に驚いていました。とにかく救急車で搬送するとのことで、救急車に乗り込んだところでパトカー到着です。実況見分に立ち会えずに病院へ向かいました。

ケガは全治40日間

 診断の結果、右足親指の先の骨にひびと、ひじ、ひざ、手首と打撲数か所ということに。家の近くの外科病院に移り、診察とリハビリに足しげく通い40日間の治療の間、20回通院しました。

 痛くもないのに通院を長引かせても仕方ないので、親指のひびが治って完治です。ただし、完治までに二日に一回ペースで通院した事実を作るのは保険会社との示談交渉のときに大切なことです。

休業補償は無し

 仕事を一日も休んでないので休業補償は無しです。自営業者の辛いところです。

物損補償請求

 相手の保険会社は国内最大手の東京海上日動でした。向こうが送ってきた物損リストの申請書はペラ一枚に5項目くらいしか書けない用紙です。

  それに対してコチラが送った物損リストがコチラ。

busson4

 これで全部ではありませんが、こんな感じで事故当時携帯していたモノで道路に叩き付けられてて傷ついた物、使えなくなった物を全部リストアップして送りました。

第三者機関による調査

 物損リストを送ると、保険会社から連絡が来て第三者機関による調査名目で面談がありました。事故状況の確認や、物損リストのうち、高額なもの数点の現物確認、購入レシートやオンライン購入履歴などの確認を行いました。こちらは事実を伝えてるだけなので、なんの誤魔化しも矛盾もありません。ありのままを伝えました。

示談成立

 その後、保険会社から連絡があり、過失割合10:0、こちらの物損リスト金額の約9割の物損補償、慰謝料が完治までの日数×4200円の提示がありました。

 これですんなり和解成立です。さすが国内最大手ですね。たよりになります。

一歩間違えれば大事故でした

 ほんとに紙一重で今も元気に自転車に乗れていることに感謝です。もし季節が真冬じゃなくて厚着をしていなかったら?もしヘルメットをかぶっていなかったら?もし靴が脱げずに自転車もろとも車体の下敷きになっていたら?と考えてしまいます。

DSC_0085

 事故直後の写真をもう一枚。ヘルメットをしていてホントに良かったです。目立つように、こんな真っ赤なジャケットを着ていたにもかかわらずです。

RX3は廃車になりましたが

 RX3はフレームはひん曲がっているわ、フレームがゴッソリ削れているので廃車となりました。しかし次の相棒Giant Defy4になっても

DSC_0141

 いまでもRX3のサドルだけは使いづつけています。

 ぜひとも安全運転を。

こちらの記事もどうぞ

“Giant ESCAPE RX3の思い出と交通事故” への5件の返信

  1. 自分もマルキンロードバイク、バカンゼ白色、修理して、日数が過ぎて事故廃車。車道左側走行中に追突で、ロードバイクと自分が空、飛んで空き地に着地して、ロードバイク原型ヒドイことに、なっていました。メーカー直営店の店長から自分のロードバイクナカナカ無いらしいロードバイクです。乗り手が大事に使っていたのに、事故で自転車がなくなるのは、寂しい。

    1. コメントありがとうございます。愛着がある自転車が廃車になると悲しいですね。ご自身の怪我は大丈夫だったのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です