釜山セブンラックカジノ 3万ウォンクーポンでカジノ体験してみた

 ノーリスクで3万ウォン分のクーポンを使って、釜山のセブンラックカジノで一発勝負を体験してきました。韓国旅行で訪れたら、日本にはないカジノを体験してみたいと思っていても、何十万ウォンも軍資金を用意できれば楽しめるでしょうが、ほんの少しカジノの世界をかじって帰りたい場合、なかなか恥ずかしくて足を運び辛いのが正直なところです。そんなときにカジノ初心者丸出しでひと勝負、開き直れば楽しめましたという内容です。

 夫婦ふたりで行ったので、記事中の金額は二人分のチケット2枚での金額となっています。

クーポン券概要

 韓国観光公社のホームページ「Visit Korea」の割引クーポンコーナーに、「セブンラックカジノ3万ウォンクーポン引換券」のバナーがあります。そこのリンクを開いてクーポン引換券を印刷して持っていけば、現地で会員登録後、3万ウォンクーポンを発行してくれます。

 クーポンの説明では印刷して持っていくとしか書いていないので、印刷したのとiPadにキャプチャしたのと両方持って行きましたが、iPadの画面を見せるだけでOKでした。

 なんでこんなに太っ腹なのかというと、韓国に3店舗あるセブンラックカジノは、韓国観光公社の関連会社グランドコリアレジャー株式会社が運営しているカジノだという裏があるワケです。

韓国観光公社のホームページはコチラ韓国旅行情報 | 韓国観光公社公式サイト

クーポン引換券のリンクはコチラ。有効期限は2016/12/31でした。セブンラックカジノ3万ウォンクーポン引換券

釜山7Luck Casinoへ行く

 釜山市内の地下鉄1号線と2号線の乗換駅、西面(セミョン)駅の7番出口を出てすぐ、ロッテ百貨店の隣がロッテホテル、そのホテルの2階フロアに釜山セブンラックカジノがあります。

ロッテホテルのフロントから2階に行けます。
ロッテホテルのフロントから2階に行けます。

クーポン引き換え

 フロントでパスポートと引換券を見せて、会員登録すると、会員カードと額面3万ウォンチップ分のクーポン券を発行してくれました。フロントスタッフは日本語ペラペラなので、簡単に手続きできました。ここから先はカメラ禁止の勝負の場です。

3万ウォン分のクーポンと会員証
3万ウォン分のクーポンと会員証

賭けられるのはルーレットの赤黒のみ

 このクーポン、賭けられるところが限定されていまして、ルーレット台のそれも赤か黒かのイーブンベットと呼ばれるところにしか賭けられません。赤か黒のどちらか、親の総取り”0″と”00″もあるので約1/2、50%より少し分が悪い勝負です。

赤か黒のイーブンベット
赤か黒のイーブンベット

 額面3万ウォンのチケットですから、まずはこのイーブンベットで勝たないと配当のチップは貰えません。赤か黒のどちらか決めてチケットをテーブルに直接置いてベットします。

 ウチの奥さん的には、ふたりそれぞれ赤と黒に同時に賭ければ、0か00にならない限り確実に3万ウォンの当たりだからそうしようという意見です。しかし、どうせリスクはないのだから、ふたりで同じ方に賭けるのが、カジノ体験をするならそっちだとの私の意見です。

 そのへんが男と女の考えの違いでしょうか、ここは珍しく私の意見が通りました。テーブルには真剣にゲームをしている人達がいるわけですから、空気を読めば最低限リスクを取って勝負しないわけにはいかない雰囲気です。

赤で勝負

 ルーレット台には液晶画面があって、数回前の出目や、本日よく出ている数字情報などが表示されています。それを参考にしてもどうしようもありませんが、赤に決めてチケット2枚赤に置いて勝負です。

 ベットできるのは、ルーレットに球を投入前と、投入後ベルが鳴るまでの間に賭けることができます。大金を投入するなら球を投入後にベットするのでしょうが、むしろ素人丸出しのこのクーポンの場合は、投入前に置いておいたほうが、もし狙い通りに数字を選べるなら当てに来てくれるはずだ、などと考えますが、実際にはどっちでも関係ないでしょう。

当たった

 勝負の結果は、運よく赤数字に球が吸い込まれ、アタリです。

 まずは、ディーラーがハズレのチップをザーッとかき集めて没収します。そして、アタリのチップだけテーブルに残して、それぞれに配当チップを配っていきます。私達のチケット2枚のところにも配当の6万ウォン分のチップが配られました。

そのまま換金してみる

 配当されたのは、1万ウォンチップ6枚です。そのままゲームを続けることもできるでしょうが、今回はカジノ体験が目的なので、換金するとこまでが体験です。

 フロアを見渡すと、ガラス張りの換金所があるのですぐにわかります。そこに6万ウォン分のチップを差し出すと、額面通りの6万ウォンの現金が出てきました。

獲得したチップ
獲得したチップ

地域還元して帰る

 そのあと、奥さんがスロットゲームを1万ウォン分遊んで早々に勝ち逃げ退散です。カジノ的にはひやかし客ということでしょう。残った5万ウォンに少しプラスして、ロッテホテルを出てすぐ左側にある足つぼマッサージで消費させていただきました。地域が潤えば、それはそれでいいのではないでしょうか。

出てすぐにあった足つぼマッサージで消費する。
出てすぐにあった足つぼマッサージで消費する。

楽しめました

 数年前にソウルのカジノに行ったことがありましたが、初心者が軍資金も乏しく、ルールも英語もつたない場合、正直言って全然楽しめなかった記憶がありましたが、今回のようにクーポンで勝負できれば、初心者でございと開き直れて、逆に堂々と楽しむことができました。

 これを読んでカジノを体験してみたいと思っている方がいたら参考にしてみてください。だたし、カジノ側も目的があってクーポンを発行しているわけですから、熱くなって身ぐるみ剥がされることになっても、ギャンブル依存症になってカジノに入り浸るようになっても、当方一切責任はもてませんので、あしからず。

こちらの記事もどうぞ

“釜山セブンラックカジノ 3万ウォンクーポンでカジノ体験してみた” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です