2015-05-13_110916

23区の自転車撤去保管手数料を調べた

2015/05/21[公開]

 中央線の高円寺駅前で駐輪場を探していたら、駅前の撤去警告の看板に平成27年から撤去手数料を3,000円から5,000円に改定しますと書いてありました。さすがに5,000円は高いなと思いましたが、そう思わせる効果があるということは迷惑駐輪防止のためには適正金額ともいえますね。迷惑駐輪をしなければ何の問題もないのです。

駅前の立て看板
駅前の立て看板

23区の自転車撤去保管手数料

 自転車を撤去されたときに返還するための手数料を調べてみました。名目は撤去手数料だったり返還手数料、保管手数料など区によって違います。(調査日:2015/05/21)

5,000円

杉並区 中野区 荒川区 北区 台東区 豊島区

4,000円

練馬区 板橋区 江東区 文京区

3,000円

世田谷区 目黒区 足立区 江戸川区 大田区 葛飾区 品川区 新宿区 中央区

2,000円

渋谷区 墨田区 千代田区 港区

撤去保管手数料は上がり続ける

 上の手数料は今日現在のものです。他の区の金額もどんどん上がっていくでしょう。それも駐輪場整備の費用になっていると思えば、値上げも歓迎です。最新情報は各自治体のホームページで確認できます。

盗難届を出す裏ワザは使えません

 自転車の撤去保管手数料が免除される裏ワザとして、盗難届を持っていけば手数料免除というのが一時期広まったようです。しかし、現在ではほとんどの区で「撤去日前日までに出された盗難届」の場合に限り、手数料免除としているところが多いです。もし本当に盗難にあった場合は、すぐに警察に届けてないと痛い目をみることになるかもしれません。

中央線は駐輪場が少ない法則

 中央線沿線は一時利用駐輪場が全くない神田駅や、駐輪場の数が異常に不足している吉祥寺駅など、自転車で行きにくい駅が多いという法則があります。高円寺駅はどうなのでしょうか?詳しくは地元民でなければ語ることはできないでしょうが、この日の午前10時頃は民間の駅前駐輪場に停める事ができました。

駅前の駐輪場案内の拡大写真
駅前の駐輪場案内の拡大写真
高円寺東高架下駐輪場は満車でした。
高円寺東高架下駐輪場は満車でした。
駅前の民間駐輪場に停めました
この日は駅前の民間駐輪場に停めました。

 2時間以内の予定だったので、この日は民間駐輪場に空きがあったので停めました。一日停めたい通学通勤者が敬遠するので空いていたのでしょう。

上段が空いていました。
上段が空いていました。

2015-05-13_142944

 高円寺北自転車駐車場です。帰りに見てみたのですが、ここが公営駐輪場で台数もたくさん停められそうです。長時間駐輪する場合はここが良さそうです。

 最後にひとこと

 私のように、通勤時間帯を過ぎたあたりの時間に駅前に停めようとすると、駐輪場難民になりやすいです。場所によっては、電車で行くという選択肢も十分考えられます。

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です