setagaya_toukijo

登記所に持参する書類の準備

2014/08/21[公開]

 登記申請書に記入した添付ファイルのうち、登記所に持参または郵送しないといけないものを準備します。

私は、登記申請書にて(持参)と宣言したので、(郵送)はできないので持って行きます。

登記申請書に記入した添付書類と、内訳表と印鑑届出書を用意します。

つまり、今回は以下の5点となります。

  1. 内訳表
  2. 印鑑届出書
  3. 印鑑証明書
  4. 払込証明書
  5. インターネットバンキングの入出金明細

内訳書

申請用統合ソフトから印刷するだけなので、申請用統合ソフトを起動します。

uchiwake

申請中のリストを選択してから、「アクション」メニューの「書面により提出した添付情報の内訳表の印刷」をクリック

6

出てきた画面をそのまま印刷すれば、それが「内訳書」です。

印鑑届出書

登記所に書類があるので、行ってから書いてもいいですが、事前に用意しました。

法務省のHPからダウンロード

http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/11-2.html

せっかくAcrobat体験版があるので、必要事項を記入してから印刷して持っていくと楽です。

innkantodoke

テキストやチェックマークを入れられます。

ボールペンで書いたほうがてっとり早いという意見もあるでしょう。お好きなように。

印鑑証明書

個人の印鑑証明書です。

これは役所で交付してもらうだけです。

私の最寄りの管轄登記所である世田谷出張所は、世田谷区役所のすぐ近くにあるので、登記所に行く前に区役所の自動交付機で用意しました。

払込証明書

資本金の払い込みがあったよって書類です。

こんな感じの書類で出しました。

1

個別部分を赤〇にしておいたファイルは→→コチラをクリック

当方、内容に一切責任を持ちませんが、よかったらご利用してください。

2

あとは印鑑を2箇所に押して完成です。

※ここでの印鑑は、代表者印=会社の実印 を押すとのこと。

名前の横と、右上隅に捨印として押す2箇所です。

インターネットバンキングの入出金明細

資本金の入金があったことを証明するため通帳のコピーを取るとのことですが、通帳のないインターネットバンキングの場合は、「口座番号」「口座名義人の名前」「振り込み金額」「振り込み人」「日付」が入っている画面を印刷します。

3

私の場合は、三井住友銀行なのですが、入出金明細画面の印刷用ページを印刷しました。

はたして、これで通るのか、持参してみました。

払込証明書と銀行の入出金明細を「契印」する

用意した書類を登記所に持って行きました。

提出カウンターのとなりに相談カウンターがあったので、書類に間違いがないか確認してもらいました。

オンラインバンキングのコピーはあれでOKだそうです。

ただし、払込証明書とオンラインバンキングのコピーをホッチキスで閉じて「契印」する必要があるとのこと。

keiin

ホッチキスで閉じた2枚の真ん中に図のように代表印を押して完成です。

つまりは、「払込証明書」というのは、入出金口座のコピーと表紙を合わせて一通ということで良かったのでしょうか?

提出

 それらを持って、となりの提出カウンターに提出しました。

そのとき対応していただいた係りの方に、「補正」項目があるので訂正して送って下さいと告げられました。

補正がなければ、この日のうちに登記完了→必要書類発行までいけたかもしれませんね。

※私が登記所に添付書類を提出に行ったのは、登記申請を送信した翌日でした。

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です