juukic_img_thumb.png

ICカードリーダーと住基カード

2014/10/30[公開]

 自宅のパソコンを使い、電子定款の作成や公証申請、設立申請などを行うために必要なものを準備します。

ICカードリーダー

ic_img_01

 じつは、すでにお持ちの方も多いかもしれません。個人の方でも最近は、e-TAXなどオンラインで確定申告や、自作PC好きな方なら某TVチューナーカードなどでICカードリーダーを使ってたりします。

 お仕事関係ならば、オンラインバンキングや役所関係への申請などでICカードがすでにある場合もあるでしょう。

 新たに購入するならば、NTTコミュニケーションのSCR3310がデファクトスタンダードなのでこれを購入するのが良いでしょう。

 私の場合は、デスクトップPCで使っていたSCR3310の互換品があったのでそれを利用しました。昔アマゾンで互換品を980円くらいで購入した記憶がありましたが、現在はNTTコミュニケーション純正品しかないようです。純正品でも1982円です。

 会社設立後もオンライン納税などに使えるので無駄にはならないでしょうか?

 2015/06/21追記:いろいろ需要の波が高いので時期によって値段が相当上下するようです。

住基カード

juukic_img

 役所で発行してくれる住基カードには、オプションで「公的個人認証サービスの電子証明書」なるものを付けることができます。すでに住基カードをお持ちの方は、500円払って電子証明書をカードに付けてもらえます。

 誰でも手軽に個人を認証してくれる電子証明を手に入れることができる時代なんですね。私は住基カードから作成したので、カード発行手数料1000円+電子証明書500円の1500円で作ってもらいました。

 作成には最寄りの役所や出張所に行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です