googlepublisher

WordPress 用Googleサイト運営者向けプラグイン「Google Publisher Plugin」で楽々AdSense設置

2014/11/12[公開]

【2014/12/10追記】

 プラグイン「Google Publisher Plugin」はベータ版から正式版になり「Google AdSense」とプラグイン名が変わりました。新しいコチラの記事もよろしければ参照してください。

【Google正式版プラグイン】Google AdSenseでWordPressにアドセンス簡単設置

 当ブログにGoogleアドセンスを設置したお話です。

  このブログはまるごとSSL通信にて運用している関係上、現状では広告関係はGoogleアドセンスしか選択肢がありません。Google AdSenseの申し込みも済んで、「さて、どうやって設置するんだ?」というレベルの初心者の私がいろいろググった結果わかったことは、

  1. 欲張って貼りすぎるといろいろダメらしい、Googleアドセンスは1ページ3か所まで、それ以上は白紙になる。
  2. サイドバーに設置するのはウィジットを利用すれば簡単
  3. 記事本文中に設置するのは少々手間がかかるが効果的

どうやら記事本文の先頭や途中に入れるのに、テンプレート編集や都度タグ入力など、なにやら面倒そうだなぁと…プラグインもこれといってラクに設置できそうなのないなぁ…ってGoogleが出してるプラグインがあるんだぁ!と発見。

しかも、サイドバーだけじゃなく記事本文中にも位置を確認しながら配置設定ができるというすばらしさ。ということで、Googleのアドセンスを設置するならGoogle謹製のプラグイン、これを利用しない手はない!という素人考えで決定です。

前提として以下の環境での記録です。

  • Google AdSenseの申し込み済みで、審査も完了しているgoogleアカウントがある
  • 同じGoogleアカウントでGoogeウェブマスターツール設定済み
  • テーマはTwenty Fourteen 利用

まだの方は、申し込みが済んででない方は申し込みましょう

Google Ads  Adsenseのサイトはこちら

http://www.google.com/adsense/start/

Googleウェブマスターツール

http://www.google.co.jp/webmasters/

インストールと有効化

管理画面からプラグイン新規追加で「Google Publisher Plugin」で検索してインストール、有効化。いつもの手順ですね。まだベータ版ということなので、そのへん注意です。

アドセンス設置設定

プラグインを有効化すると、管理画面の「設定」の中に「Google Publisher Plugin」という項目が出てるのでクリックします。

adsense

「ご利用方法」をクリックして、Googleアカウントでログインします。

adsense2

確認するをクリックして

adsense3

「広告の管理」をクリック

adsense51

サイトの分析結果が出るので「閉じる」をクリック

※すでに別な方法でアドセンス設置済みの場合は、削除するように推奨されます。

adsense9

 左上のプルダウンメニューから、各テンプレートごとに設置場所を設定していきます。

  1. 最初に自動で3か所、緑色のサンプル広告が配置される
  2. 気に入らなければ「×」で緑のサンプルを削除
  3. 赤い「+」マークの設置場所候補をクリックして好きなところに設置する
  4. 各テンプレートすべてでそれぞれ設置場所を決める

 すべての設置場所を設定したら「保存して開始」をクリック

adsense8

「閉じる」をクリックします。

 これでアドセンスの設置設定は完了です。サイトを開いて、設定どおりに広告が出ているか確認しましょう。

初回は広告表示まで時間がかかるようです。

確認

adsense13

 私の場合は、投稿記事のページでは

  1. 左ウィジットの下
  2. 投稿内の第一段落の上
  3. 右ウィジットの上

 の3か所に設置しました、一般的な配置方法ではないでしょうか。と、上の画像ではちゃんと広告が出ていますが…記事内の広告だけおかしなことに

投稿内の第一段落の上とはなんだろう?

 どうも記事内の広告の出現場所がおかしいのです。投稿ページの本文中に設置したのは

adsense12

「この広告は投稿内の第一段落の上にのみ表示されます。」という広告

  投稿内の第一段落とは、言葉の通り取れば最初の「段落」の上にでるはず、段落とは<p>で囲まれている部分?WordPressでは一行目から<p>で始まってるから本文の最初に出るってこと?それとも見出しの上?

 しかし、実際に私のブログの43記事を見ていった結果、広告の出現場所は

  • 最初の画像の上…(37)
  • 本文の一行目の上…(2)
  • 最初にスタイルを指定した行の上…(2)
  • 説明のつかない本文の途中…(1)
  • 広告が出ない…(1)

 ということで、ほとんどの記事は、一枚目の画像の上に広告がでています。うーん、別に気にすることもないですかね、なんといってもGoogle謹製のプラグインがココと決めて出しているんですから。きっと画像の上が一番効果が高いということなんだろうと納得です。

【2015.02.25追記】

  段落の上に広告プレースメントを出す方法の記事を書きました。改行をし過ぎていたのが画像の上に出てしまう原因だったようです。

Google Adsenseが識別できるように段落を意識して記事を書く方法

どうしても広告の位置を変えたい記事だけは

 やはり画像の上に広告が出ると都合が悪い記事がいくつかあったりします。ここに広告出てたら文脈的におかしなことになるんだけどって時もあります。そんなときの私の対処方法ですが…記事中最初の画像の上に出るという性質を利用して

adsens

 こんな画像を上の方に入れています、これなら違和感ないんじゃないかという素人考えの方法です。

この記事でも上から2行目に入れています。

【2014/12/31追記】現在はこの画像は利用していません。

WEB制作のプロが見たら卒倒するかもしれませんw

感想

 新しい投稿を公開するときに、記事中の広告の出方を気にしなくてはなりませんが、それ以外はノーケアでアドセンスを配置できるのが良いですね。

  • 「広告」や「スポンサードリンク」を入れられない
  • 広告のサイズや種類を選べない

 などの部分が気に入らない方は、ほかの方法を試すのをお勧めします。

こちらの記事もどうぞ

「WordPress 用Googleサイト運営者向けプラグイン「Google Publisher Plugin」で楽々AdSense設置」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です